カラーセラピーは治療にあらず

カラーセラピーは一人で行う事もできますが、
職業としてカラーセラピストと呼ぶ事がありますね。
一体どんな事をする人たち?


と、はじめは疑問に思うでしょうね。

医者なんて嫌いだ!
と常々考えている人もいるようですし。

だけど、カラーセラピスト=医者ではありません。
色彩を介してお話しさせていただくだけ。

薬を使うわけでもなし、
はっきりとした「治療」ではありませんね。

現在活躍されているカラーセラピストさんは
皆さんとの心の対話をセッションと呼びます。

近頃、色占いとして目にすることが多いので
勘違いしてしまいそうですが、
カラーセラピストは会話に重きを置いているようです。

色占いは自分の心を知るだけ、で終わってしまいますよ。
カラーセラピーで大切なのはそのあと
思い描いた自分になるために、まずは行動あるのみ!

また、はじめてカラーセラピーを体験する人は
初対面の人とお話しすることに
いささか緊張してしまうかもしれません。

わざわざカラーセラピストに見てもらわなくても…
という人も中にはいらっしゃると思います。

あるいは、
自分の心の中を見られるのは恥ずかしい!
と興味があるのに、二の足を踏んでいたり?

ですが、カラーセラピーを知る一番の近道は
まず自分が体験して実態を知ること。

さあ、半歩でいいから前進してみましょう。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら