カラーのお話し② 青=男、赤(ピンク)=女はもう古い!?

カラーセラピーで色の意味をお話しするとき
必ずと言っていいほど話題になるのが
色彩による、男女差なんですね。


私たちが子供の頃は男の子は黒、
女の子は赤いランドセルを使っていたはず。

ところが今では水色、ピンクなど非常に色鮮やかですよね。

昔からあった男の子だから青がいい、
女の子だからピンクじゃなきゃ!
という概念が少しずつ変わってきたように感じます。

きっと似合うだろうに、固定概念があるために
魅力を引き出せないのは本当にもったいない!

カラーセラピーを知ると、何より面白いのは
こうした意外性があるからなんだと思います。

意外性と言えば、
カラーセラピーでは青=女性ととらえます。

女性は後方から静かに物事を見つめ、
聖母マリアのように慈愛に満ちている…

と、古代から考えられており、
母なる海という表現にもあてはまりますね。

ただ、青色にもネガティブな意味が存在していて
精神性を重んじるため、
どこか浮世離れしてしまう事が挙げられます。

あるいは、更に深い青ならば
内に籠りすぎるのが難点でしょうか。

とはいえブルーは言葉で表現する人にとってラッキーカラー。
大きな声を出して発散する事を忘れずに!

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら