センセーションカラーセラピーとは

ためしにカラーセラピーに興味のある人に
どんな印象をもっているか尋ねてみますと

「100本以上のカラーボトルなんて、たくさんありすぎ!」

「綺麗な色を見ているだけで落ち着く」

という声が聞こえますね。

実はカラーセラピーってたくさんのやり方があるんですよ。
ここでは代表的なカラーセラピーをご紹介します。

上記のように100本以上のカラーボトルを使う、
オーラソーマと呼ばれる方法の他に
私はセンセーションカラーセラピーを学びました。

センセーションカラーセラピーは
カナダ・バンクーバーで誕生したカラーケアシステム。

やや後発と言えなくないのですが、
それでも10年以上の歴史があるんですね。

センセーションカラーセラピーでは
10本のカラーボトルを2本ずつ3組を選びだし
合計6本のカラーボトルの組み合わせから今の状態を紐解きます。

配色は赤、橙、黄、緑、青、紫…といった七色に
独自の観点からローズ、スプリンググリーン、ゴールドをプラス。

その場でカラーセラピストがすることと言えば、
色にまつわるお話しを交えながら
いつのまにか曇ってしまったあなたの心の中を共に探ること。

あなたの歴史を振り返りつつ、
○×や評価、白黒はっきりつけることなどありません。

晴れて、内なる自分に「頑張ったね」という事が出来そうですね。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら