色を選ぶことは変化を知る手掛かりに

オーラソーマ、センセーションカラーセラピー共に
色を選ぶことから自らを振り返る作業が始まります。

クローゼットの中の洋服を選ぶのと同じように

自分の心にぴったりな色は何か
問いかけ、選んでいくということ。

カラーセラピーは一番身近にあるはずなのに
何故か広く知られてはいないんですよね。

○○セラピーと名のつく「癒し」の中で、
色彩に関するものはごくわずか。
前例がないから想像しにくい、とも考えられますが…

そしてカラーセラピストはいわば色彩の専門家です。
でも、色彩は売り物でも何でもないので
販売員というよりアドバイザーというのが正しいでしょう。

また、この忙しない世の中
まっさらな心を持つというわけにはいきませんね。
日々移りゆくもの、と思っていいでしょう。

色を選ぶだけで、自分自身が見えてくる。

何とも不思議な体験とでもいいましょうか。
そんなこと本当にあるの?
と最初は耳を疑うようなことばかりですね。

でも、何か自分の言動にミスがあったとしたら
次の行動次第で軌道修正ができるはず。

私はそう信じています。

このご時世、タイムマシンなんて存在しませんから
あの頃に戻ってやり直すことができたら…

というわけにはいきませんが、

色彩やカラーセラピーを通じて
自分の姿を見つめてみると、きっと少なからず
変化が目に見えて分かるのではないでしょうか?

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら