経験が物を言うカラーセラピスト

カラーセラピストになりたい!との夢を持ち
一心に目標に向かって進む人々。

資格を目指した頃、少し前の私も同じでしたが

今はカラーセラピストに関して
少し考え方を変えているんですね。

幸運にもセンセーションカラーセラピストとして認定され、
目標達成したし、これで私の未来も明るく拓ける!
と嬉しく思いました。

けれど、ふと立ち止まって考えてみたのです。

確かに資格をいただいた以上
これからの私は「カラーセラピスト」と呼ばれます。
しかし経験なんてまったくゼロに近い!

カラーセラピスト資格取得を考え始めた頃。
特にそれまで心理学について勉強しているわけでもありません。
また、色彩に興味はあれど美術の成績はいつも中の下。

カラーセラピーの世界に突然飛び込んだも同じなのです。
これからしっかり経験を積む事が求められる。
そう自覚したのでした。

また、その後先輩カラーセラピストと知り合う機会が増え
参考にさせてもらおうと様々な体験談を聞きましたが
カラーセラピストを専業としている方は実は少ない!?

もちろん経験値を増やすことで、
カラーセラピストとしての器が出来あがってくると思います。

話のタネを増やすことに熱心でいると、
それだけ相手を多方向から見ることが出来ますしね。

カラーセラピーは単なる資格としてだけでなく
ライフワークにもなるような気がしますよ。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら