カラーセラピスト資格その後の進路はあなた次第

カラーセラピスト資格取得後の私は
定期的に先輩セラピストさんとお会いする機会を作り、
また彼女が主宰されている公開講座へ参ります。


はじめは戸惑いながらも
恥を重ねて成長する、と考えればこれも勉強のうち?

カラーセラピーの公開講座にていつも思いますが
参加者はセラピストを生業にする人ばかりではないんですよね。

美容師さん、キャンドル作家、心理学の勉強に励む方など
実にバラエティ豊かな職業をお持ちの方が揃っていて
とても興味深いですよ!

とある美容師さんのお話しでは
お客様が笑顔で帰っていかれるのがとても嬉しい。
カラーの勉強はとても役に立っている、と言います。

また、某キャンドル作家さんは…

我が子同然の作品の幅が広がった。
今まで使った事がない色もどことなく好きになった。

との感想をお持ちのようです。

私自身、カラーセラピストを職業として考え
いつかは独立を、と夢見ている立場なのですが。

資格を得たからといって、
必ずしもカラーセラピストにならなくてはいけない
というわけではないのかも。

もし、カラーセラピスト資格を目指す理由を挙げるなら。

将来カラーセラピストになるため、ではなく
色彩の知識を深くするための近道として
資格取得を考える、というのも選択肢のひとつなのでしょうか。

さあ、ゴールまでの道すじ
ちょっと思い描いてみませんか?

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら