カラーセラピー講座徒然体験記

個人的にカラーセラピー体験した後に。
どうやら公開講座なるものを開催する、と聞き。

これは是非とも!と参加することにしました。


いわゆる勉強会のうち、ですよね?

個人的な話しはオブラートに…なんて
少しばかりの緊張感を持ちつつ、いざ会場へ!

カラーセラピーと出会って間もない、
2008年のクリスマス。
とても貴重な体験をさせていただきました。

まだカラーセラピストの冠をいただくことはなく
何もかもが初めてで、右往左往するばかり。

超のつく、カラーセラピー初心者の私…。
にこやかな笑みで前方の席を勧められましたが

「どーんと前の方になんてとんでもない!」

と遠慮がちに中央近くの席へ。

後々、こうした遠慮や謙遜、
「しなければならない」といった
限定を外すと楽だよ、と教わることになるけれど。

いざカラーセラピー講座が始まると
隣り合った人と会話を通して、色と接するのだとか。

雑誌の切り抜きを使ったコラージュ作品を前に
みんな深く感じ入ったり、色を深く知ったり。

また、その日はお気に入りの服を着ての参加。
私は…似合わないはずのピンクに身を包み。
(本当は白メインのつもり…)

見事、「甘えベタ」と素直じゃない私の一面を
いわば弱点を突かれたのでした。

ただでさえ『肉食』にならざるをえない、
現代の女性たち。

どうやら私のみならず女性にとって
ピンクの使い方が課題になるようですね。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら