桃色は好意の表れ、カラーセラピーで女性らしさを演出

カラーセラピー効果、ピンクカラー編!

もし、あなたがロマンティックな恋をお望みなら。
ピンクを効果的に使うといいでしょう。


恋という一文字を色にたとえるなら。
一番に思い浮かぶのがピンクなんですね。

バレンタインデー、
ハートマークは必ず赤かピンクですし
愛の告白には欠かせない色ですね。

ピンクはそのまま女性らしさを表現するのに最適。
可愛らしい一面を全面に出すときなどお勧めですよ。

じゃあ男性はどうすればいいの?

よくあるピンク色のイメージから
きっと誰もが疑問に思うのでしょうね。

実は、私の身内にもピンクが好きな男性がいますが。
彼はとっても不器用ながら、
さりげない優しさをもった人なんです。

男性にしては記念日に敏感で、
プレゼントが大好きだったりします。

カラーセラピーでのピンクは
そのまま優しさや奉仕する心に通じ、
甘えたり、甘えられたり、というのが好きみたいですね。

ただ、初めてのデートにピンクを選ぶは誤解のモト!

まだ恋に発展するか分からない、とか
どんな恋模様になるか見当もつかない、とか
微妙な関係であったら、なおさらでしょうか。

「好きは好きでも、何か違う。こんなはずでは…」
となっては困りますからね。

ゆっくり愛情を育てたいなら、
ピンクの出番はずっと後に残しておきましょう。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら