ちょっと役立つ色彩マメ知識

カラー心理は企業戦略にも応用されているようですね。
色彩に脳神経が踊らされている、
とは少し言葉が悪いかもしれませんけれど。

カラーセラピーでは最後に
必ず未来に目を向けて対話を終わるのが常ですが。

色彩効果のマイナス面をあえて利用し、

神経とがらせ、しかめっ面のあなたへ。
カラーセラピーの見識がなくとも、
優しさが足りていないと一目瞭然ですよ?

昔からお弁当の彩りを代表として
カラーセラピーが用いられている、と
あなたはお気づきでしょうか?

最近、疲れが取れないな~、
今いちすっきりしないんだけど、原因不明…

こういう時こそカラーセラピーの出番!