自律神経のバランス整えるピンク

神経とがらせ、しかめっ面のあなたへ。
カラーセラピーの見識がなくとも、
優しさが足りていないと一目瞭然ですよ?


少し春色ピンクで、ゆるくいきませんか?

というのは、カラーセラピーではピンクって大活躍でして
女性ホルモンを連想させるからなんですね。

特にほんのりピンクは自律神経に働きかけるので
ホルモンバランスなどを立て直すのにGood!!

女性は男性よりも自律神経の影響を受けやすいですからね。
ピンク=乙女と直結するのも分かる気がします。

だって、どんなに力強い男性も皆、
母親から生まれてくるのですもの。

それに母は強し、という言葉がありますけど。

女性=ピンク、青=慈愛ある女性。
母なる大地、母なる海…etc.

カラーセラピーでは
「女性性」を感じさせる部分が多いのですよね。

昨今、ホルモンに左右されてしまうのは男性も同じこと。
更年期障害なんて最たるものという気がしますし。
男性のみなさんだって、うかうかしてられませんよね。

また、赤ん坊にもとてもぴったりなピンク。

若くみずみずしい、無垢な赤ちゃんのように
気持ちさえ若くいたい、と思ったら
恥ずかしがらずにピンクを選んでみましょう。

ただ、全身ピンクというのはいただけません。
やはり大人の分別が必要な場面も多々ありますから
深い、ローズ系に目を向けてもいいかもしれませんよ。

カラーセラピー資格に興味がある方は「資格と仕事.net」でスクール検索や資料請求ができます。
カラーセラピー資格の資料やスクール情報はこちら